Jandent(小説お作法まもるくん)をアップデートしました

前に作った小説自動字下げスクリプトをアップデートして、機能追加したり見た目ブラッシュアップしたり色々施しました。

それらの変更点を告知するための記事となっております。

スポンサーリンク

jandent三号機

意外と使ってくれている人がいるらしいjandentも、これで二回目の大型アップデート。

正確に言うと二回作り直したことになるんですよねこれが。

  1. jandent.py: python + bottle時代(一号機)
  2. jandent.php: php時代(二号機)
  3. jandent.js: javascript時代(イマココ!)

(記事公開時点で)あと一週間もすると公開二周年だと気づいたので、これは「二周年のご愛顧に感謝してのアップデート」ということにします。今そういうことにしました。

内部処理はほぼほぼ組み替えましたが、urlは過去と変わらずhttps://script.dettalant.com/jandent/ですので、これからもjandentをよろしくお願い致します。

今回追加した機能もろもろ

制作者としては内部処理の違いが気になるものですが、利用者のみなさんとしてやっぱり気になるのは、表に見える機能追加でしょう。

今回追加した主な機能は、こういったものになります。

  • 算用数字から漢数字への変換機能
  • 変換設定の個別切り替え機能
  • 半角感嘆符・疑問符の置換機能
  • 変換テキストのクリップボードコピーボタン
  • 変換テキストダウンロードボタン
  • 入力テキストの解析機能

算用数字から漢数字への変換

これ今回行ったアップデートの目玉機能です。

以前のバージョンだと「強制的に変換しちゃうのはどうなんだろう」ということで実装を控えていたのですが、Twitterで当スクリプトについて言及なさってくれた方が触れていた部分もありまして、変換設定カスタマイズ機能と同時に実装することにしました。

算用数字変換設定の説明画像

jandentページ下部にもこうあるように、幾つか変換モードを用意しました。

これらの設定だったり、そもそも漢数字変換機能自体をオフにすることだったりなどは、変換設定からカスタマイズしてみてくださいね。

ちなみに、算用数字なら半角/全角どちらの場合でも認識されます。

変換設定カスタマイズ

たしかだいぶ前(一年以上前?)には、jandentと同じような自動字下げなどを行ってくれて、各種変換機能をオンオフすることも出来るスクリプトのページがあったような記憶があるのですが。

それがいつの間にか検索に引っかからなくなっていたんですよね。なので、その機能をこちら側で再現してみました。

変換設定画面のスクショ画像

このように変換設定タブから、変換機能一つ一つを個別にオンオフできます。

ここで無効化した機能は、後述するテキスト解析結果にも表示されなくなるはずです。

半角感嘆符・疑問符の置換機能

そういえばこの機能がないことに気付いたので、ちょちょっと付けました。

説明が雑でごめんね、これ以上話すことがない……。

変換テキストのクリップボードコピーボタン

旧バージョンでは<textarea>に変換テキストをぶっこんでいた関係上、ctrl + aで容易に全選択できたのですが、今回からは表示の都合上それが難しくなってしまいました。

なのでクリップボードへコピーするボタンをつけたよ! よ!

変換結果画面のスクショ画像

この画像左下がそのボタン。

ダイアログとかポップアップとか無いので少々わかりづらいかもしれませんが、これをクリックして変換結果テキストが選択された瞬間でコピーが完了しています。

あとは適当な場所にペーストすれば変換テキストを貼っつけられることでしょう。

変換テキストダウンロードボタン

クリップボードへコピーするボタンの右側が空いてたからあったら便利な場合もあるかと思って付けました。

変換結果画面のスクショ画像

この画像右下がそのボタン。

クリックするとお使いのデバイス特有のファイルダウンロードポップアップが開かれると思います。たぶん。

入力テキストの解析機能

旧バージョンで「実現するための裏処理」は入れつつもめんどくさくなって機能として実装はしていなかった機能がついに現実のものに!

解析結果画面のスクショ画像

あくまでオマケ機能ということで、元テキストと解析結果テーブルを表示するだけの簡素な仕様です。

「元テキスト内の該当部分をハイライト」とかしようかとも思ったんですが……結局めんどくさくなったので入れませんでした。ごめんね。

ご意見ご感想について

何かおかしな処理をしているのを見つけたり、機能追加のアイデアが湧いた場合などは@dettalantまでお気軽にどうぞ。

このツイートにでもリプライしていただければ、高確率で反応を返せると思います。